ホログラム・レンチキュラー・舞台照明機材の輸入販売商社

レンチキュラー制作の流れ

ホログラム・レンチキュラー
レンチキュラー制作の流れ

弊社では、レンチキュラーレンズ販売の他、レンチキュラー用画像合成、印刷加工まで承っております。

デザイン
ソフト
お問い合わせ
デザイン(チェンジング・3D)、サイズ・数量等のご希望をお聞かせください。
ポストカード、ステッカー、名刺、ポスター、POP、大判パネルなど・・・作りたいものがあれば、お気軽にご相談ください。
矢印
打ち合わせ
お聞かせいただいた内容から、最適の印刷方法(UVオフセット・インクジェット出力等)や、レンチキュラーレンズをご提案します。
デザインの内容詳細、スケジュール、納品条件等についても、ご相談ください。
矢印
データ入稿
デザインデータは各種オンラインストレージ、郵送等で入稿いただけます。
(ファイル形式:JPG、EPS、TIFF、PSD、AIなど)
画像解像度は、原寸350dpi以上のものをご用意ください。
3D用データの作り方
矢印
画像合成
レンチキュラー専用の画像合成ソフトで、2Dや3Dの効果を付けていきます。
矢印
校正
本番同仕様の校正刷りを行い、効果や色味などをご確認いただきます。
(データ入稿から約1~2週間。点数、加工内容によって納期は変わります。)
修正が無ければ校了となります。
矢印
印刷
本生産を開始します。
矢印
納品
校了から約1~2週間でご指定のお届け先に納品いたします。
※数量・加工内容によって、納期は変わります。

 
 

3D用データの作り方 (お客様の方で制作いただく場合)

【 Photoshop PSDデータでの入稿 】
3Dで階層を分けたい絵柄を、それぞれレイヤー化する。

3D用データ

 

【 Illustrator AIデータでの入稿 】
文字データは、アウトライン化してください。
画像のリンクがある場合、解像度は実寸350dpi以上のものをご用意ください。

3D用データ
※ホログラムは、光によって色や模様が変化します。写真撮影でこれらの特徴を再現するのは不可能です。
 上記写真はある瞬間の色の変化をあらわしたものにすぎません。詳しくはサンプル帳にてご確認ください。

レンチキュラープリント
レンチキュラーレンズ
画像合成ソフトウェア
レンチキュラー制作の流れ

PAGETOP
Copyright © 日本コーバン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.